運輸安全マネジメント

安全方針:『安心·安全·確実』がわが社の基本である

 

輸送の安全に関する基本的な方針

 
1. 全従業員に対して、輸送の安全の確保が最も重要である、という意識を徹底させ、経営者が主導的な役割を果たし全従業員が
一丸となつて取組み絶えず安全性の向上を図る。
 
2. 安全に対する基本的な方針及びそれに基づく目標を従業員に周知徹底する。
 
3. 公共の道路を使用して仕事をしているという認識を常に持ち、運転に関する知識·技術の向上に努め交通人身事故の防止を図ります。
 
4. プロドライバーとしての自覚を高め、悪質違反(酒酔い、酒気帯び運転、過労運転、薬物使用運転、過積載運行、無免許·無資格運転最高速度違反、救護義務違反)を絶対させない。
 
5. 現場の声を安全性向上方策に継続的に反映させる等、全体の安全性を計画的に向上させるようにします。
 
6. 運転者が健康起因による交通事故、災害に遭わないように、健康管理の重妥生を理解させると共に確実な健康診断の実施と健康増進に関する情報提供、取組に力を入れていきます。
 

 

輸送の安全に関する目標及び達成状況
(2021年5月1日~2022年4月30日)

目標:人身・バック事故ゼロ

 
取組実行計画
 

5月 6月 7月 8月 9月 10月
0 0 0 0
11月 12月 1月 2月 3月 4月